尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

  • Kasadoallnew
    尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

笠戸島スカイハイキングコース地図(「地理院地図」版)

十種ヶ峰

  • 福谷池から見る十種ヶ峰
    十種ヶ峰福谷池コース

鷹の止まり山

  • 5 山道
    鷹の止まり山(04.04.17)

山上山

  • 11
    山上山

廿木山

  • 32 270ピークに戻る
    廿木山

枡形山

  • 05 山道が続く
    枡形山

四熊ヶ岳庄原コース

  • 17 日本の正しい秋
    四熊ヶ岳庄原コース

太華山大楠ルート

  • 02大楠バス停付近からめざす鞍部を遠望する
    大楠から牧ヶ岳南の鞍部に出て、北進すれば牧ヶ岳、太華山へ、南進すれば水谷山を経て本浦に出ます。太華山のバリエーションルートの一つですが、南進して水谷山方面へ進むと森の中のパノラマ展望ルートになります。大楠から鞍部までの画像を掲載しています

太華山縦走

  • 06 大島山の分岐に建つ石柱
    太華山縦走

千坊山西の庄ルート

  • 27
    千坊山西の庄ルート

小島山

  • P1010001
    小島山

« エアーチェック | メイン | 新・この山どこの山1 »

2004年4月17日 (土)

鷹の止まり山(下松市、545.2m)

 緑山に登った際、親子連れの山行者に「鷹の止まり山」の登山口を知らないかと尋ねられたが、誰も知らない。何でも某紙の記事で、監視所跡があること、下松市平谷にあるとらしいとしかわからない。
 さて、木曜日に病院に薬をもらうついでに、戦時中の監視所等にくわしい知人にたずねるも、米川地区は知らないとのこと。結局、図書館で該当の記事をさがす。記事は「山が呼んでいる」他の著者として有名な松田武司氏の連載である。(日刊新周南2/25)
 大方の内容からほぼこのあたりであろうと目星をつけ、カシミール上にルートをおとし、愛車のマウンテンバイクに乗り、米泉湖畔をすぎ、下谷集落で左折し、県道下松・鹿野線にはいり、180度のカーブで直進し、市道平谷線に入る。渓谷ハイキンクコースの看板をみて、車道は大きく渓谷をトラバースし、急な登りが続く。西谷集落との分岐を右に曲がり、平坦で日当たりの良い、桃源郷的な雰囲気のある平谷集落に着く。峠を越えた地点の東側に西谷14の電柱がある。ここが登山口であるが、机上調査では左側の551.4三角点の尾根の小ピークと思っていたがそうではなかった。少し峠を下り東側のコンクリート壁に登り、すぐに左折し山道に入るが、すぐに右折。白いテープが根に巻いてある。ここからは明瞭な山道、植林帯や雑木林の側を抜ける。一部ささが濃くなっているが問題ではない。主尾根にでると右側に巨岩があるが、左側に曲がる。やがて、こんもりとしたピークが右にみえるが、これは上にあがると丸い窪地で中央にコンクリート台座がある。さらにすすむと大きな兵舎。なぜかTVアンテナと新しいメーター類が設置してある。さらに奥に兵舎、山頂らしき台地には丸い自然石があるが、展望はない。登山口からの所要時間20分弱。鷹の止まり山とは鳥葬も想像させ、何か由来がありそうな山名であるがよくわからない。

画像は「フォト・アルバム」をご覧ください。

(04.04.17)
 


追記(10.05.16)

最近登られた「ルーラルLifeは閑雲野鶴。」さんの記事に、登山口に「鷹の止まり山」の案内板があるとの記述を見つけ、そういえばそんなものがあって山名が違うとつぶやいたようなかすかな記憶があったので、文献を調べてみた。

米川公民館発行の『写真でみる米川の史跡』に次の記述があった。

「照空灯・聴音機跡地
 平谷の東方に鷹の止まりという山があり、昭和16年12月太平洋戦争が起こり、末期にはB29による日本本空襲が本格化し、それにともない西谷に高射砲 陣地、又平谷の東方の鷹の止まりの頂上には照空灯、聴音機や兵舎が構築され、頂上に登る道は馬による材料運搬に使用され、昭和20年8月15日終戦となっ た。陣地と知れたか、西谷部落にも爆弾が投下され、田の中に大きな跡が残っている。又須々万の牛の毛にも投下された」

しかも、今とは違い、展望抜群の山頂に立つ戦時遺構の写真も出ていた。

これで山のつかない「鷹の止まり」が正解と思っていたら、「ルーラル Lifeは閑雲野鶴。」さんがさらに調査され、『防長風土注進案に「鷹ノ泊山」という山名があるのを指摘されています。

追記(10.05.18)

悔しいので(爆)、更に遡って調査してきました。

『防長地下上申』の「須々万村追而境目書」(寛延3年)に

「一 南之方下谷村との境は、(中略)、当村の牛の毛より下谷へ行道をよこ切、鷹の泊山・尻無シの尾尻まで尾境ニ下り、(後略)」

とあります。古文書判読の素養がないので、ピークと境目の関係がよくわかりませんが、これが初出と思われます。

『米川村史』によれば、「天明年間に須々万本郷村から字西谷・平谷・若太郎・赤谷・清沢の八百石が御添石として加えられた」とあり、このため、天保年間の『防長風土注進案』では下谷村の大山として「鷹ノ泊山」が出てきます。

なお、当時の地名等は音があっていれば字はその時々に適当なものがつかわれていたようです。
いずれにしても、結構古い山名のようです。

でも、当ブログでは記念に鷹の止まり山のままにしておきます。

それにしてもわずか6年前にはMTBで登山口までいく元気があった小生も、今は腰痛、体力低下に悩まされ、残念ながらこの山を登ることは2度とないだろうと思うと、時の移ろいというものを実感せざるを得ない。

コメント

大変そうですね。
よく、まあ、そこまで頑張れるものですなぁ…。

とにかく女、子供がからむとロクなことがないので、お互い注意しましょう。

その知人さんとは、昨年末にヤブ山(N)氏の故郷の近くで一緒に発掘調査を手伝いました。今度、実家に帰られたら、道が拡幅されていた地点が現地です。コンビニも近くにあります。

この記事へのコメントは終了しました。