尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

  • Kasadoallnew
    尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

笠戸島スカイハイキングコース地図(「地理院地図」版)

十種ヶ峰

  • 福谷池から見る十種ヶ峰
    十種ヶ峰福谷池コース

鷹の止まり山

  • 5 山道
    鷹の止まり山(04.04.17)

山上山

  • 11
    山上山

廿木山

  • 32 270ピークに戻る
    廿木山

枡形山

  • 05 山道が続く
    枡形山

四熊ヶ岳庄原コース

  • 17 日本の正しい秋
    四熊ヶ岳庄原コース

太華山大楠ルート

  • 02大楠バス停付近からめざす鞍部を遠望する
    大楠から牧ヶ岳南の鞍部に出て、北進すれば牧ヶ岳、太華山へ、南進すれば水谷山を経て本浦に出ます。太華山のバリエーションルートの一つですが、南進して水谷山方面へ進むと森の中のパノラマ展望ルートになります。大楠から鞍部までの画像を掲載しています

太華山縦走

  • 06 大島山の分岐に建つ石柱
    太華山縦走

千坊山西の庄ルート

  • 27
    千坊山西の庄ルート

小島山

  • P1010001
    小島山

« 新日本プロレスに明日はあるか? | メイン | 歓迎 熊食堂 »

2004年10月30日 (土)

眼鏡の似合う男

最近、眼鏡が似合う著名人に贈られる「日本メガネベストドレッサー賞」に誰かが選ばれたという記事を見た。

しかし、日本映画で最も眼鏡が似合う著名人といえば東宝の「社長シリーズ」の森繁久彌扮する社長であろう。「社長シリーズ」といえば、仕事より遊びの社長が加藤大介扮する堅物の専務、三木のり平扮する遊び好きの支社長、小林桂樹扮する秘書課長たちと繰り広げる面白コメディ映画である。いつも社長がもう少しで浮気ができそうなところで、必ず邪魔が入るという偉大なるマンネリがおもしろい。宴会で得意先に披露する妙な演芸や常連メンバーによる計算されたギャグも笑える。特に秀逸なのが「社長紳士録」での入院中の社長とお見舞いの常連メンバーのやりとりである。

残念ながら、社長シリーズはVTRもDVDもないので、CSの「日本映画専門チャンネル」で見るしかない。このチャンネル、昔は東宝の娯楽映画を多く放送して楽しみだったが、近頃は最近のわけのわからない映画が多いのが残念である。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。