尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

  • Kasadoallnew
    尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

笠戸島スカイハイキングコース地図(「地理院地図」版)

十種ヶ峰

  • 福谷池から見る十種ヶ峰
    十種ヶ峰福谷池コース

鷹の止まり山

  • 5 山道
    鷹の止まり山(04.04.17)

山上山

  • 11
    山上山

廿木山

  • 32 270ピークに戻る
    廿木山

枡形山

  • 05 山道が続く
    枡形山

四熊ヶ岳庄原コース

  • 17 日本の正しい秋
    四熊ヶ岳庄原コース

太華山大楠ルート

  • 02大楠バス停付近からめざす鞍部を遠望する
    大楠から牧ヶ岳南の鞍部に出て、北進すれば牧ヶ岳、太華山へ、南進すれば水谷山を経て本浦に出ます。太華山のバリエーションルートの一つですが、南進して水谷山方面へ進むと森の中のパノラマ展望ルートになります。大楠から鞍部までの画像を掲載しています

太華山縦走

  • 06 大島山の分岐に建つ石柱
    太華山縦走

千坊山西の庄ルート

  • 27
    千坊山西の庄ルート

小島山

  • P1010001
    小島山

« 『水洗トイレは古代にもあった  トイレ考古学入門』  黒崎 直 | メイン | 笠戸アルプスをゆく 笠戸島高壺山・砲台山周回ルート(2) »

2010年1月11日 (月)

笠戸アルプスをゆく  笠戸島高壺山・砲台山周回ルート(1)

Kasadoalpsnew


2011年2月26日13時頃から笠戸島で山火事が発生しました。火の用心には十分気をつけて山行をしてください。

山口のハイカーに秘かに伝わる伝説があった。

笠戸島を南北に大縦走できるルートがあると。

人呼んで笠戸アルプス 

だが その名を未だ誰も知らない。

なぜなら、小生がさっき名付けたからだ。

笠戸島のハイキングコースといえば、今は擂鉢山しか知られていないが、かって昭和40年代末ごろまでには、本浦から尻高山手前鞍部までスカイ1~4号といわれわれるハイキングコースが整備されていた。その後、次第に藪が濃くなるも、尾根沿いの防火帯を縦走する猛者もいたというが、その後、大藪化し、訪れる者もいなくなっていた。

そして、2010年、尾根道が整備され、笠戸アルプスは永らくの眠りから目覚め、あらたな開山の年を迎えようとしている。

「笠戸アルプスを行く」は笠戸島の完全縦走をめざす夢と歴史とロマンそして閑人の大プロジェクトである。

〔追記)2010年6月、尻高山のヤブが苅られ、スカイ1~5号で縦走が可能となりました。

=====================================

この山系に入られる方へのお願い

1 展望を得たいが為に伐採、枝刈等をしないでください。木を切ることにより雨が直接落ち、落葉がなくなり、腐葉土、表土が流失し、将来的に山道崩壊に繋がります。 最近、山頂の木々を切り開き展望を売りにした「整形美山」が流行していますが、その欠点を理解してください。この山の魅力は、雑木林とふわふわの山道です。 展望は樹間越しでいいじゃないですか。尾根を振り替えれば結構展望があります。

2 戦時遺構はかなりの年数が経過して崩壊、コンクリ片落下等の危険性があります。安全のために離れて見ましょう。聞くところによると、建物の屋上に登っている方もいるようですが、遺構の維持及び自らの安全のためにそういうことはやめましょう。

3 笠戸島は数十年前に大きな山火事を起こしています。山中で火は扱わないようにしましょう。
 

=====================================

残された時間があるうちにやりたいことをすぐにすると決め、首の調子も軽快したこの隙に久しぶりに山行とあいなった。

本日の隊員は、ナビゲート&ドライバー&身長を活かした高枝払い担当のG主任研究員、体重を活かした道普請担当の小生、そして何と初登山が富士山というB女史の3人、名付けて「青い三角点」、かの「ヤブ山突撃隊」にるともらない陣容である。(笑い)

当初の目標はヤブながら登山可能という情報を得た尻高山であったが、
G主任研究員の事前調査により、しつこい棘ヤブが健在との情報で、これまた快適な尾根道ルートができたという高壺山・砲台山周回ルートに即座に変更。この軽さがまた「青い三角点」ならである。(笑い)

結論からいえば、このルート、展望なんかどうでもいい目の前の雑木林の森と山道を楽しみたいという通のハイカーにとっては、最高のルートである。小生も「廿木山」以来、久しぶりの激賞の山である。こんないい山が近場にあるとは(続く)

P1011024

写真はこの山の主のやまもも(?)の巨樹

(10.01.11)