尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

  • Kasadoallnew
    尻高山・高壺山・砲台山総合概念図

笠戸島スカイハイキングコース地図(「地理院地図」版)

十種ヶ峰

  • 福谷池から見る十種ヶ峰
    十種ヶ峰福谷池コース

鷹の止まり山

  • 5 山道
    鷹の止まり山(04.04.17)

山上山

  • 11
    山上山

廿木山

  • 32 270ピークに戻る
    廿木山

枡形山

  • 05 山道が続く
    枡形山

四熊ヶ岳庄原コース

  • 17 日本の正しい秋
    四熊ヶ岳庄原コース

太華山大楠ルート

  • 02大楠バス停付近からめざす鞍部を遠望する
    大楠から牧ヶ岳南の鞍部に出て、北進すれば牧ヶ岳、太華山へ、南進すれば水谷山を経て本浦に出ます。太華山のバリエーションルートの一つですが、南進して水谷山方面へ進むと森の中のパノラマ展望ルートになります。大楠から鞍部までの画像を掲載しています

太華山縦走

  • 06 大島山の分岐に建つ石柱
    太華山縦走

千坊山西の庄ルート

  • 27
    千坊山西の庄ルート

小島山

  • P1010001
    小島山

山歩き Feed

2016年6月29日 (水)

周防大島伊崎山・佐連山の戦時遺構群の謎について(完結編)

われわれ「シダ山突撃隊」が発見した周防大島伊崎山・佐連山の戦時遺構群について、工藤洋三先生が「周防大島の佐連山と伊崎山にあった聴測照射所」(山口県地方史学会『山口県地方史研究』第115号所収)を発表されました。

 専門家の調査を期待していましたが、今まで謎だったコンクリ道のことや不明だった聴音機の位置を明らかにされています。ぜひ、一読をおすすめします。

 最近は、複数のメディアをつかわれたサイトが本家的な情報発信を続けられ、すっかり陰が薄くなりましたが、今回の論文でわれわれの踏査を再評価していただいたことを非常にうれしく思います。

 ここで、踏査の経緯をもう一度ふりかえってみますと、最初のきっかけは佐藤正治氏の「周防大島町戦争遺跡案内」において、地元の方の話として、伊崎山山頂付近に特設見張所があり、聴音壕なども残っているという記述を見つけたことでした。

 当時、伊崎山はヤブ山で登山者はほとんどいませんでした。さいわい、岳友G氏のルートマップがありましたので、2012年3月3日、単独行で山頂を目指しましたが、赤テープはあるものの、山頂まで約2時間を要し、ようやく山頂についたもののそれらしき遺構はなくあきらめかけたものの、下ったところで波印海軍標石および探照灯基礎を発見。この探照灯基礎周辺は誰かが土をめくっていた形跡がありました。遺構の同定はFatherさんにお願いしました。

 3月10日、再踏査で建物基礎、管制機基礎を発見しましたが、肝心の聴音機壕は発見できませんでした。バスで現地登山口まで行っていたので、山頂までの登山時間、下山時間を除くと実際の調査時間は約2時間しかありませんでした。

 翌3月11日、岳友G氏と笠戸砲台の軍用道路、発電所、油脂庫、水槽を発見した「シダ山突撃隊」を再結成し、主に南西尾根を踏査し建物基礎、管制機基礎、排水溝を発見しましたが、この尾根のヤブは手強く、聴音機壕はまたしても見つかりませんでした。

 3月24日、北西尾根を踏査、倒木の下をはってくぐり、トイレ遺構を発見。さらに、倒木帯を進むと全く時間が止まったかのような廃墟となった兵舎群を発見。ここでタイムアップ。あとから時計が進んでいたことに気づきました。なにしろ、帰りのバスの時間との競争だったのです。

12年11月某日、どうしても、聴音機をみつけようと、北西尾根を旧三角点までくだり踏査しましたが見つけることは出来ませんでした。

その後、fatherさんが空中写真の解析により、佐連山にも聴音探照所が存在する可能性を指摘されました。

 さて、佐連山は伊崎山以上のヤブ山でほとんど登る人はいませんでした。そこで、再び、「シダ山突撃隊」を再結成。

2014年12月21日、空中写真の解析から軍用道路跡が残存するとおもわれた大積から登りましたが、途中で道は消え、むりやり尾根にのぼりあがりましたが、かづらに足を取られ難渋、やっと山頂に到着。展望はないものの広く落ち着いた感じの良い山頂でした。

佐連に下る尾根に古い赤テープがあり、疎林の感じの良い尾根道でしたので尾根をくだっているとモルタル片を発見、その先に探照灯の基礎を発見。いつもは冷静なG氏がこのときばかりは少し興奮されていたことを思い出します。さらに下ると、なぞのコンクリ基礎、コンクリ道、集水枡、甕、環状土塁を発見しました。

12月23日、尾根道を気に入られたG氏と佐連から再踏査。トイレ遺構と擬装用のスリットが入った発電所とおもわれる建物を発見。目を上げて遠くに夢幻のようにこの建物が見えたときは声をあげました。あの感動は忘れられません。

この踏査について、いつものように的確なルートファインディングをしていただいた岳友G氏と戦時遺構に関する的確なアドバイスをいただいたFatherさんに重ねて謝意を表します。

この山域に入ることはもう2度とないと思いますが、この戦時遺構群が未来への戒めとなって、平和が続くことを念じてやみません。(了)

2016年5月30日 (月)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(10)

Img_2631_2

Img_2632_2

Img_2634

Img_2636_2

Img_2637_2

Img_2638

巡視路尾根を望む。

Img_2639

残念ながら、休憩所は取り壊されている。

Img_2640

Img_2641

Img_2643

Img_2644

Img_2645

弥山阿品ルートの登山口に出た。

今回のルートのすばらしさは、終始、弥山山頂をみながらの巡視路展望尾根につきる。山頂より途中の道を楽しむ名ルートだ。

しかし、公共交通機関を利用しての登山となると、あまりに登山口までのアプローチが長すぎるのが難点である。(16.02.11)(了)

Img_2651

アプローチ途中で見つけた看板。秋にはここに来るかな。

2016年5月26日 (木)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(9)

Img_2624

Img_2625

Img_2626

Img_2627

Img_2628

Img_2629

Img_2630

2016年5月25日 (水)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(8)

Img_2609

山頂分岐に戻り、巡視路を離れ、穴ヶ峰を目指す

Img_2610

元々、こちらの方が正登山ルートだったので、しっかりした山道が残っている。

Img_2611

Img_2612

Img_2613

Img_2614

Img_2615

Img_2616

Img_2617

Img_2618

ヤブ加減で道が消えかかっているところもあるが、昔ながらの赤テープが、必要なところだけにさりげなく巻かれているので、迷いかけてもすぐ近くをみると安心である。

最近、はやりのピンクテープの垂らしはあまりにも目立ちすぎ、景観を台無しにする。途中でピンクテープの垂らしをみるが、これは植林帯の作業テープであり、そちらに進まないこと。

もともと、垂らしテープは、測量用や植林作業テープ用であり、山道の案内テープではない。正しくは、各地のヤブ山に残っている古い赤テープのように、視線の高さに巻き、迷いかけたときに探してはじめてわかるように配慮されるべきものである。

困ったテープの使い方が流行っているものだ。

Img_2620

Img_2621

穴が峰に出る

Img_2622

2016年4月27日 (水)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(7)

Img_2605

分岐点を直進すると、やぶの中に三角点がある。

Img_2606分岐点に戻り、37番鉄塔への道を行く。

Img_2607

Img_2608

37番鉄塔。展望は全くないので分岐に引き返す。

2016年4月 9日 (土)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(6)

Img_2598

Img_2599

Img_2600

Img_2601

Img_2602

Img_2603分岐点に着く  右が37番鉄塔、中央やぶが三角点方向、左に穴が峠方向の道がある。

2016年4月 8日 (金)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(5)

Img_2594

Img_2595

Img_2596

Img_2597

36番鉄塔に着く

Img_2598

2016年4月 7日 (木)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(4)

Img_2586

Img_2587

Img_2588

Img_2589

松林の尾根道がいい。

Img_2591

Img_2592

35番鉄塔が見えてきた。

Img_2593
この尾根道は弥山のよい展望地だ。

2016年4月 6日 (水)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(3)

Img_2578

Img_2579

すこしずつ急な山道となる

Img_2580

巡視路にしては急登である。

Img_2581

34番鉄塔に着く

Img_2582

Img_2583

Img_2584

弥山山頂

Img_2585

巡視路の鉄塔の中ではこの鉄塔からの展望が最も良い。

2016年4月 5日 (火)

巡視路を行く  阿品山は滋味深い山だった(2)

Img_2568

林道を進む

Img_2569

左に民家を見て、その間の道を進み、やや低くなった平地をすぎ、向いの尾根端に進む。

Img_2570

山道に入る

Img_2571

Img_2572

Img_2573巡視路の標識を見つけ尾根道を行く。

Img_2574

Img_2575

Img_2576一番下の34番鉄塔が見えてきた